このエントリーをはてなブックマークに追加
これがきっかけ ゴルフとの出会いと思い出
これがきっかけ ゴルフとの出会いと思い出

ゴルフを練習する時はアイアンをうまく打てるように

ゴルフは、老若男女どなたでも楽しめるスポーツです。このスポーツで必ずといっていいほど使うのがアイアンです。このクラブは、狙ったところにボールを飛ばすことが出来るクラブなので、この力で打てばここまで飛ぶということを体で覚えることが大切です。このクラブには、数字が書かれていて大きくなるほどシャフトの角度も大きくなるので距離としては飛ばなくなります。このクラブの中でバンカーで使うものがあります。バンカーに入った時の打ち方もありますので、きちんと習得をされるのがいいですね。バンカーに入ってしまうと何打も打ってしまうほど目玉ですとかなり高度な技が必要ですね。

風が強い時にはボールを上に上げてしまうと風で流されてしまうので、強風の時には低い弾道が必要なのです。高く打ったり低く打ったりするのは基本が出来ていないと難しい打ち方なのです。練習としては、自分の中心に置いたボールをまっすぐ打てるようにすることが大切なのです。グリップの握り方もぶれないようにすることが大切です。うまい方はバックスピンをかけることも出来るのですが、バックスピンをする時には、ピンが手前にある時にするといいですね。ぎりぎりを狙うとグリーンにとどかなかったりするので、この打ちかたが出来るとスコアーもよくなります。バックスピンの練習は、練習場でも出来ることなので、練習をしてみてくださいね。風が吹いている時には、バックスピンをかけてもかかりづらくなるので注意ですね。
Copyright (C)2017これがきっかけ ゴルフとの出会いと思い出.All rights reserved.