このエントリーをはてなブックマークに追加
これがきっかけ ゴルフとの出会いと思い出
これがきっかけ ゴルフとの出会いと思い出

ゴルフとの出会いとアイアン

私の好きなスポーツの一つとしてゴルフがある。ゴルフに興味を持ち始めたのは小学生の頃だ。私の父親がとてもゴルフが好きで、しばしば打ちっぱなしの練習場に連れて行ってもらっていた。初めは見ているだけであったが、父親や回りのお客さんたちがドライバーでボールをはるか彼方まで飛ばしているのをみて、自分もドライバーでかっ飛ばしてみたくなった。父親にドライバーを貸してほしいといったが、ドライバーの前にまずはアイアンの練習をしろと言われた。そして貸してもらったのが9番アイアンであったが、最初のうちは9番アイアンでもなかなかうまく打てなかった。見てる分にはそんなに難しそうに見えないのに、やってみると大違いであった。しかし、アイアンでもいい当たりが打てた時はとても気持ちがよかった。まずはアイアンの技術をそれなりに磨いてからドライバーをやろうと思った。しかし、しばらくすると私は学校の友達と遊ぶことや部活動が楽しくなりゴルフの打ちっぱなしに行かなくなってしまった。

私が再びゴルフと出会ったのは社会人2年目の24歳の時である。会社の先輩に今度ゴルフの大会に出るから、今から練習に付き合えと言われ打ちっぱなしの練習場に連れて行かれたことからまたゴルフを始めるようになった。もちろん久しぶりのゴルフは正直全然うまく当たらなかった。しかし、うまく当たらなかったからこそ上手くなりたいと思い、中古のゴルフクラブを購入し、一人でも練習に行くようになった。そして忘れもしない初ラウンド。天候があまりよくなくスコアもズタボロであった。特にうまくいかなかったのがアイアンだ。だから初めて打ちっぱなしに行ったときの初心に戻り、特にアイアンの練習をするようにした。そのおかげで今は一番アイアンが得意になった。

正直ゴルフの腕前はまだまだだが、アイアンだけでなくドライバーもパターももっと上手くなりたい。そして当面の目標はまた100を切ったことがないので、100を切れるようにしたい。
Copyright (C)2017これがきっかけ ゴルフとの出会いと思い出.All rights reserved.